500円でお得に試せる糖質対策【メタバリアEX】

【ブルボン】プロテインバーチョコレートクッキーのレビュー

ダイエッターに人気のプロテインバー「ブルボン、プロテインバーチョコレートクッキー」を食べてみました。

どうして、「プロテインバーチョコレートクッキー」がダイエットに良いかというと、食べても太りにくいプロテインバーだから。

  • 糖質15g
  • 10種のビタミン
  • 1日必要量の約1/3のカルシウム・鉄
  • 食物繊維3g
  • 血糖値が上昇しにくい
  • 腹持ち感を高める「パラチノース」を配合

プロテインバーの中では糖質量がちょっと多く15gです。
糖質制限ダイエット中に食べて良い間食の糖質量は10gなので、ちょっと超えてしまいますが、高栄養価なので目をつむれますね。

プロテインバーの中でも異色でかなり、お菓子に近い。
プロテインバーというよりは、タンパク質量が多いクッキーといった感じ。

チョコチップ入りで味もお菓子感覚で食べれて美味しいのですが、食感がサクサクしてるので、水と一緒がオススメ。

プロテインバーチョコレートクッキーって、どんなミールバー【レビュー】

ブルボンの「プロテインバーチョコレートクッキー」を実際に購入して食べてみました。


ブルボンの「プロテインバーチョコレートクッキー」は、ダイエット中の間食で食べるのはありか?
という視点で食べてみました。

結論としては、糖質はちょっとおおいけど、「あり」。

ダイエット中に不足しやすい栄養素が一通り入っています。

成分の設計としては、1本あたりのたんぱく質は11.3g。10 種のビタミンと鉄、カルシウムが含まれてますね。

カラダに必要な栄養素が不足していると結果的に太りやすくなる。
だからこそ、ビタミン、ミネラルといった微量栄養素はしっかりと摂取する必要がある。

そのため、栄養素がしっかりと配合されたプロテインバーを間食するのが、効率的に痩せるために必要。


次に、プロテインバーチョコレートクッキーの原材料に目を向けました。
主原料は「大豆タンパク質」となっており、プロテインバーの中では珍しい「ソイプロテイン」を配合です。

ソイプロテインの特徴は、腹持ちが良い事です。
ゆっくりと体内に吸収されるので、他のプロテインバーよりも腹持ちが高いのも無力です。

ゆっくり消化吸収される持続性エネルギー糖質“パラチノース”も配合されています。
同社シリーズ品のスローバーと同様、腹持ちがよいため小腹が空いたときのおやつとして最適ですね。

大豆たんぱく、小麦粉、ショートニング、砂糖、パラチノース、小麦たんぱく、大豆加工食品(大豆パフ)、ファットスプレッド(乳成分を含む)、ココアパウダー、液卵黄(卵を含む)、カカオマス、チョコレート、イヌリン、水飴、植物油脂、全粉乳、乳糖、食塩、ココアバター / ソルビトール、グリセリン、卵殻未焼成Ca(卵由来)、乳化剤(大豆由来)、炭酸Ca、香料(乳由来)、V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、ピロリン酸第二鉄、V.B₁、V.B₂、V.B₆、V.A、葉酸、着色料(アナトー)、V.D、V.B₁₂

それでは、プロテインバーチョコレートクッキーを食べてみました。

プロテインバーチョコレートクッキーは、掌サイズなので、小腹が空いた時にちょうど良い大きさ。

チョコチップ入りなので、プロテインバーよりも、クッキーに近く、お菓子感覚で食べれるのがメリット。
食べてみると、しっとり系ではなく、サクサクしてるのが特徴。

1本丸々食べると、かなりお腹に溜まりますね。

今回は、15時頃に食べたのですが、夜ご飯を食べるまで、しっかりとお腹に溜まってました。