糖質オフな食生活を助けてくれる神食品まとめ

野菜ライスとは?ブロッコリー、カリフラワーをお米の代わりに!

野菜ライスってご存知ですか?

野菜ライスというのは、野菜を細かく切ることでお米に見立てたものです。

野菜ライスに利用されるのは、ブロッコリー、カリフラワーがメインです。
ブロッコリー、カリフラワーは食物繊維・ビタミン・ミネラルが豊富。
そして、糖質が少なく、食物繊維が多いから、本当にヘルシーなんです。

カレーのライスを置き換えたり、チャーハンのお米の半量だけ野菜ライスに置き換えることで、カロリー・糖質を大幅にカットできます。

お米の代わりに、カリフラワーライスを食べるなら、糖質量は1/25になります。

編集部

野菜ライスなら、糖質制限で悩みがちな、便秘も解消できるね。

野菜ライスが凄い普及してるぞ

最近では野菜ライスがすごく、流行っています。

スーパーで購入できるようになったほか、外食でも普通に食べれます。

1.ご飯の代わりに、カリフラワーを使った「カレーハウスcoco壱番屋の糖質オフカレー」

2.ご飯の代わりに、キャベツを使った「吉野家のライザップコラボ牛丼」

外食以外でも、イオンでも冷凍のブロッコリー、カリフラワーをサイコロ状に加工した野菜ライスが売られるようになりました。

どんどん、糖質制限ダイエットが大流行したおかげで、ロカボ食が充実ですね。

野菜ライスの使い方

野菜ライスの使い方は、お米のように使うだけです。

野菜ライスを使ったレシピの定番は、カレーとチャーハンです。

カリフラワーはチャーハンと相性が良く、ブロッコリーはカレーと相性が非常に良いです。

野菜ライスの使い方は、置き換えの比率は必ずしも全量置き換えないといけないわけではありません。

  • 1:お米全量を、野菜ライスに置き換え
  • 2.お米の1/2〜1/3を野菜ライスに置き換え

イオンの公式サイトでは、ご飯を野菜ライスに置き換えて食べる「ベジスイッチ」を紹介しています。

ご飯の1/3をブロッコリーライスに置き換えるだけなら、味を変えずに美味しく糖質オフが可能になります。

もちろん、ベジライスに慣れてきたら、お米を全量「野菜ライス」に変えてもいいでしょう。

野菜ライスを使ったレシピは、イオンのサイトが非常に充実しています。
ベジ握り

野菜ライスの作り方

野菜ライスの作り方は、野菜を刻むだけ。

カリフラワーの作り方で参考になるのが、以下の動画です。
業務スーパーの冷凍カリフラワーを買ってきて、ミキサーで砕くだけ。

野菜ライスを美味しく作るポイントは、細かく刻むこと。
たくさん野菜ライスを刻めば、野菜もたくさん食べれちゃいますね。

忙しいと刻む気力がない。。
そういった人は、市販の野菜ライスを購入しましょう。

冷凍保存できるから、賞味期限はすごく長いです。

市販の野菜ライスを調べてみた

市販の野菜ライスでオススメは、以下の3つです。

キャベツライス

キャベツライスはスーパーを探してみてください。

袋に入ってる大根サラダとかレタスサラダとかが陳列されてるサラダコーナーに置かれている事が多いです。

カリフラワーライス

カリフラワーの芯の部分を細かいサイコロカットした「カリフラワーで作るお米のこと」。

野菜宅配の通販サイトである「オイシックス」、イオンで売ってます。

・ブロッコリーライス

ブロッコリーライスは、イオンが一番手軽に入手できます。

低糖質のレトルトも売っているので、ロカボ生活が快適になりますね。