糖質オフな食生活を助けてくれる神食品まとめ

太りやすい体質は甘え?日本人の3人に1人が肥満遺伝子を持ってる!

  • 私は太りやすい体質だから、ダイエットをしても痩せない。
  • 痩せにくい身体だから、食事制限しても無駄。

と言う人がいますが、ただの甘え。
痩せる努力をしてないだけです。

日本人のおよそ3人に1人が肥満遺伝子をもっていると推定されていますので、太りやすい体質の人が身の回りにたくさんいます。

つまり、世間には「太りやすいけど努力をしている人」なんて沢山います。

太りやすさは、遺伝子レベルで決まっている!


人間の太りやすさは、遺伝子レベルで決まっているとご存知でしょうか。

最近の研究によると、「太りやすさ」に関係する遺伝子がわかってきました。

肥満遺伝子は現在までに50を超える関連遺伝子が発見されています。

代表的な肥満と関わりの深い遺伝子の特徴を紹介しましょう。

  • β3アドレナリン受容体(β3AR):お腹がぽっこりしやすく、リンゴ型の体型になりやすい
  • 脱共役たんぱく質1(UCP1):皮下脂肪がつきやすく、洋ナシ型の体型になりやすい
  • β2アドレナリン受容体(β2AR):太りにくく、体型が維持しやすい


引用元:https://health-food-bev.kao.com/healthylife/healthylife16/

例えば、β3ARの遺伝子を引き継いでいる場合、必要なエネルギーが1日200kcal節約できますが、エコな体であるためエネルギーを貯めやすく痩せにくいと言えます。

肥満遺伝子を詳しく解説
β3ARの変異をもつ人は中性脂肪の分解が抑制され、基礎代謝量が低い人が多いです。

UCP1の変異をもつ人ではエネルギーを燃焼させる多胞性脂肪細胞(褐色脂肪細胞)の働きが低下して、基礎代謝量が低い人が多いです。

β2ARに変異をもつ人は逆に基礎代謝量が多く太りにくい人が多いです。

日本人のおよそ3人に1人がβ3AR(お腹がぽっこりしやすく、リンゴ型の体型になりやすい)、4人に1人がUCP1(皮下脂肪がつきやすく、洋ナシ型の体型になりやすい)の肥満遺伝子をもっていると言われています。

そのため、日本人は太りやすい遺伝子を持った民族であると言えますね。

肥満遺伝子を持っている人でも、肥満にならない方法があります


肥満遺伝子は確かに存在するけど、一番大事なのは食生活です。

どんな遺伝子を持っていても、食生活次第で肥満は回避できます。

肥満遺伝子を持っている人でも糖質を制限すれば、肥満になりにくいと研究により判明しています。

著名医学誌「The New England Journal of Medicine」で2012年に発表された大規模コホート研究結果によれば、砂糖入り飲料をたくさん飲む人は肥満遺伝子が強く働き、肥満になりやすいという報告があります。

糖質を食べると体の中で脂肪に変換されます。
お腹の周りになる脂肪はカロリーの摂取しすぎよりも、あなたが食べた糖質が蓄積されたもの。

だから、糖質オフの食生活が大切になってきます。

また、自分の肥満遺伝子は遺伝子検査をすれば、簡単に知ることが出来ます。
遺伝子の型により最適なダイエット方法がわかるので、スマートに痩せましょう。

>>>肥満遺伝子検査を詳しく知る

参考
厚生労働省:肥満遺伝子(ひまんいでんし)