糖質オフな食生活を助けてくれる神食品まとめ

糖質が肌をボロボロにする!コラーゲンの糖化でシワ・タルミに繋がる

40歳を過ぎた芸能人を見ると「昔と変わらない」と人が多いですよね。
一方で、身の回りの40歳を見ていると「年をとった」と感じる人が多いですよね。

外見によって若く見える人と老けて見える人に分けれますが、どうして差が生まれるのでしょうか?

高い化粧品を使ってると思いたいものですが、実は食事の差だけだったりします。

老化のスピードを加速させるのが「体をつくっているタンパク質の糖化」です。

特に、コラーゲンの糖化によりシワ・タルミになるだけでなく、肌をボロボロになることも。

実は怖い、糖質とお肌の関係について、詳しく調査しました。

糖質とタンパク質が結び付くと、老化する!

糖質の多い食事を続けていると、体の色々なタンパク質が糖質とくっついてしまいます。
タンパク質と糖質がくっつく反応を、糖化と呼び老化の1つと考えられています。

なぜなら、糖化する事で老化促進物質であるAGEs(糖化最終生成物)を生成し、機能が低下させることが原因です。

糖と結合するため、白米や麺、砂糖などの過剰摂取により、老化が加速します。

AGEs(糖化最終生成物)の怖いところが、二度と元には戻らないという事です。
糖化したタンパク質は初期段階であれば元の状態に戻りますが、高濃度の糖にさらされてしまうと本来のタンパク質の形状に戻ることができずにAGEs(糖化最終生成物)に変換され、老化の原因になるのです。

肌の糖化により、タルミに繋がる

コラーゲン、エラスチンといったタンパク質が、糖質と結合すると弾力性がなくなり、肌のハリがなくなり、タルミに繋がると考えられています。

弾力のある肌に欠かせないのが、コラーゲン・エラスチンといったタンパク質です。

低糖質な食事をしていれば問題ないのですが、糖質ばかり食べていると糖化が進み、AGEs(糖化最終生成物)が作られます。

AGEsという物質が溜まると、肌の弾力を保てなくなると研究報告があります。

例えば、資生堂の研究によると、肌のシワ・タルミも糖化が原因の1つと考えられています。

コラーゲンが糖化すると、本来のバネのような構造を失ってしまうため、肌の大切なハリや弾力が低下します。
肌の老化の一因は、このコラーゲンの糖化にあるのです。

糖化によって肌のハリを保つコラーゲン繊維が糖化されると、肌は弾力を失われてしまうのです。
肌の糖化は弾力が失われるだけでなく、シミ・クスミにも繋がると言われています。

加えて、肌は糖化によって、黄色になります。
その結果、黄ぐすみという老化現象が起こし、肌の透明感が失われていきます。


引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000255.000002961.html

加齢によって、AGEs(糖化最終生成物)は増えていきますが、糖質の多い食事をすることもAGEsを増やす要因の1つです。

老化物質AGEsは体内で作られる以外にも、食品にも含まれてる!

AGEs(糖化最終生成物)は、タンパク質と糖質がくっつく事で出来るとお話ししましたが、体内で作られるとは限りません。

実は、AGEs(糖化最終生成物)は体内で作られるだけなく、食べ物にもAGEs(糖化最終生成物)は含まれています。

つまり、私たちは老化を加速させるAGEsを食べて、体内に溜めてしまっているかも知れません。

AGEsの含有量は食品によって大きく異なります。
例えば、肉類に含まれる量が最も多く、野菜や果物は少なめです。

これは、タンパク質が多い食材ほど、糖化しやすい事に起因します。

また同じ食材でも、調理方法でAGEsの量が大きく変わります。

AGEsは高温での調理が長く続くほど増えることが知られています。

水炊きにした場合のAGEs含有量を基準にすると、フライパンで焼くと約5倍、揚るなら約10倍と高温で調理するほど、AGEsが増えていきます。

高温の油で揚げられた唐揚げ、豚カツを食べる機会が多いほど、AGEsが溜まりやすいです。

一方で、蒸し鶏、刺身などを食べる機会が多いほと、AGEsが溜まりにくくなります。

AGEsの溜まりにくい調理順
  • 蒸す、茹でる
  • 煮る
  • 炒める
  • 焼く
  • 揚げる

糖化を防ぐためにも、食事を見直すことが重要

老化の原因となるAGEs(糖化最終生成物)は体内で作られたり、食事に含まれている事をお伝えしました。

糖化を防ぐためにも、食習慣を見直して、できるだけ高血糖にならないようにする事が大切です。
高血糖の状態を避けるためにも、糖質を控えたり、糖質の吸収を穏やかにする野菜をしっかりと摂取しましょう。

また、AGEsは体内で作られる以外にも、AGEsを含む食品を摂取することで体内に蓄積すると考えられています。

AGEs含有量が多い揚げ物ばかり食べていると、少しずつAGEsが溜まっていくので、注意しましょう。

AGEsの蓄積量は?
食べたAGEsの大半は、体内で分解されます。

しかし、AGEsのうち約7%は体内に蓄積すると考える研究者もいます。