糖質オフな食生活を助けてくれる神食品まとめ

ケトジェニックダイエットに有酸素運動を組み合わせると効果抜群

糖質制限でよくある誤解の1つが、「糖質制限中に運動をすると、筋肉が分解される」という事です。

安心してください。
糖質制限ダイエット中に運動をしても、体脂肪がエネルギーとなってくれるので痩せていきます。

筋肉を動かすためには、糖質を摂取しないといけない!
と思われがちですが、運動の質により「糖質」よりも「脂質(ケトン体)」の方が効果的だったりします。

ただし、糖質制限中に「筋トレ」はオススメできません。

筋トレなどの運動強度が高い、無酸素運動は「糖質」がメインのエネルギー源です。
一方で、ランニングなどの有酸素運動は、「脂質(ケトン体)」が効果的に消費されます。

糖質制限中に運動をすると、筋肉が分解されるって本当?


筋肉の栄養素=糖質というイメージがあるため、糖質制限により糖質が不足すると筋肉が分解されるのでは?と少し怖くなりますよね。

確かに、糖質が不足すると筋肉を分解し、糖質を作り出す糖新生という体内の仕組みが働きます。

しかし、糖新生が必要になるような運動は、筋トレなどの無酸素運動です。

ダイエットの定番のウォーキングは、有酸素運動なので「筋肉の分解」は気にする必要は殆どありません。

運動のエネルギー源は、糖質と脂質であり両方が利用されています。

糖質は酸素がなくてもエネルギーとなるので筋肉にとって利用しやすい一方で、脂質(ケトン体)は酸素がある状態じゃないと筋肉のエネルギー源になりません。

ケトン体は血液中の糖質量(ブドウ糖)が減った時に、体脂肪からケトン体が体内で作られ、エネルギー源として体内で利用されます。
ケトン体は、筋肉のエネルギー以外にも、あらゆる部分でエネルギーとして消費されるのです。

ケトン体が消費される運動は有酸素運動!

  • 酸素がないというのは状態とは、筋トレなどの無酸素運動。
  • 酸素がある状態というのは、ウォーキングなどの有酸素運動。

特に長時間の有酸素運動では、ケトン体などの脂質がメインのエネルギーとなります。

有酸素運動をすると体脂肪がへると言われるのは、体内でケトン体が生成されエネルギーになることも理由の1つです。

つまり、有酸素運動をするなら、ケトン体がエネルギーとして消費されるので筋肉は分解されにくいです。

一方で、糖質制限をして運動をすると痩せるというのは、筋トレをする場合です。

筋トレをガンガンする人は糖質を制限すると、筋肉が分解されていきます。

また、筋肉が分解されるのは、糖質制限よりもカロリー制限です。
カロリー制限をすると、足りないエネルギーを筋肉から生み出そうとするため、筋肉のタンパク質が分解されやすくなります。

ケトン体は運動時のエネルギーになる


マラソン、ウォーキングなどの有酸素運動では、ケトン体をエネルギーとして利用します。

目安としては、息がきれない程度の運動強度です。

激しすぎると、無酸素状態になるため、効率よくケトン体が利用できません。

本当に、ケトン体は運動時のエネルギーになるの?と疑問に思うかもしれませんね。

ケトン体などの脂質は体脂肪(中性脂肪)として蓄えられているが、体脂肪は数十㎏と蓄えることができます。

体重が60kgで体脂肪率が20%なら、体内に12kgも脂肪があることになります。

一方で、糖質(グリコーゲン)は筋肉と肝臓に400g程度しか蓄積できません。

そのため、長い時間運動をすればするほど、体脂肪がエネルギーとして消費されやすくなります。

まとめ

ケトン体は、有酸素運動をするときに、積極的に筋肉のエネルギーとして消費されます。

ケトン体を効率よくエネルギーとして消費するときには、食事の前に運動をするのがオススメです。

ケトン体は糖質が不足している状態で、体内で体脂肪から合成されるため、食事の前がオススメです。

また、食事の内容は糖質を減らすだけでなく、タンパク質や脂質は積極的に摂取しましょう。

タンパク質は摂取する事で、筋肉が作られやすくなるので、リバウンドに悩まされる可能性もグッと減るものです。