糖質オフな食生活を助けてくれる神食品まとめ

糖質制限中に食べたい間食は、チーズ・ナッツ

糖質制限ダイエットはカロリーを制限せずに、糖質を制限するダイエットです。

そのため、お腹が空いたら、間食は自由に食べて良いです。

間食しても良いと言っても、血糖値を上昇させる甘いお菓子はNGです。

チョコ、クッキーなどの焼き菓子は甘いため血糖値をあげる間食というのはわかりやすいのですが、甘くないスナック菓子・煎餅もNG。

スナック菓子には、じゃがいも・トウモロコシなどのデンプンを含んでおり、煎餅にはお米のデンプンが多く含まれています。

デンプンは糖質が合体して出来た成分なので、体内で分解されると糖質になります。

糖質制限ダイエット中に食べれる間食は実はあまり多くないですが、食べて欲しい間食は、チーズ・ナッツです。

チーズ、ナッツは良質な脂質、高タンパク質、ビタミン・ミネラルなどのバランスのとれた理想的な栄養素に加えて、糖質がほとんど含まれておりません。

おまけに、チーズ、ナッツ共に種類が多いので、飽きにくいです。

糖質制限中に食べたい、チーズ


チーズは糖質量がほとんどなく、糖質制限にピッタリの完食です。

チーズといえば、プロセスチーズ、クリームチーズといったおなじみのチーズ以外にも、今やどんどん種類が増えています。

特に、オススメは、ベビーチーズとデザートチーズです。

■ベビーチーズ

ベビーチーズは小分けされた、1口で食べれる大きさのチーズです。

小腹が空いた時にちょうど良い大きさなのはもちろんですが、味のバリエーションの多さがオススメな点です。

  • スモーク味
  • カマンベール入り
  • クリームチーズ入り
  • ブラックペッパー入り
  • 金ごま入り

と様々な味があるんですね。

最近ではコンビニでもベビーチーズが売っているので、手軽に購入できます。

■デザートチーズ

デザートチーズは、ケーキみたいに美味しいチーズです。

レアチーズケーキのようで、味のバリエーションも豊富。
甘いデザートだけど、タンパク質の塊のチーズだから罪悪感も少ないです。

砂糖も少量使われていますが、糖質2.5g/個と非常に少ないです。

そのため、糖質制限中だけど甘いものが食べたいという人にはオススメ。

人工甘味料入りのお菓子もいいけど、デザートチーズは天然だから自然で美味しいです。

チーズは小分けされており、食べる量を調節できるので間食にオススメですね。

糖質制限中に食べたい、ナッツ


糖質制限中のおやつに、ナッツも非常にオススメです。

ナッツは栄養価も高く低糖質な食べもの。
ナッツはオメガ3脂肪酸を代表とする良質な脂質が含まれています。

しかし、ナッツといっても、種類によって糖質量が全く違います。

代表的なナッツの糖質量をまとめると、以下になります。

100g中の糖質量

  • クルミ:4.2g
  • カボチャの種:4.7g
  • マカダミアナッツ:6.0g
  • ヘーゼルナッツ:6.5g
  • アーモンド:9.3g
  • ピスタチオ:11.7g
  • 落花生(ピーナッツ):12.4g
  • カシューナッツ:20.0g

ナッツの中でもオススメは、クルミ、カボチャの種です。

クルミは糖質が低いことに加えて、くるみを食べると満腹感が得られ、食欲抑制効果もあるという報告があります。

(引用元:くるみが食欲を抑制する脳の働きを活性化 ~ 食欲抑制のメカニズムを解明する初の研究 ~

そのため、間食にぴったり。

また、カボチャの種はビタミンB1・E、ナイアシン、カリウムといったビタミン・ミネラルを豊富に含む事に加えて、ポリフェノールのリグナンを多く含みます。

リグナンには抗酸化作用も持つため、お肌のアンチエイジングに役立つ、美容に嬉しい成分です。

また、ナッツばかり食べ飽きる!という人は、アーモンドチョコがオススメ。

普通のアーモンドチョコは糖質が多いですが、高カカオタイプのアーモンドチョコは糖質の量も少なく、糖質制限ダイエット中のお菓子にぴったりです。

まとめ

糖質制限中の間食に取り入れたい、チーズ・ナッツを取り上げました。

チーズ・ナッツは糖質が少ないだけでなく、糖質制限ダイエット中に不足しがちな脂質・ビタミン・ミネラルを補給できます。

特にナッツには、オメガ3脂肪酸などの良質なアブラを多く含むため、間食では積極的に食べたいですね。