Amazonチャージで千円もらえるキャンペーン

低糖質なプロテインバー比較ランキング【美味しさ優先で徹底検証】

糖質制限ダイエット中に「ちょっとお腹が空いた」という時にはプロテインバーがおすすめです!

プロテインバーってお菓子っぽい見た目から、プロテインバー=ただのお菓子と思っていませんか?

いやいや、プロテインバーって筋トレで体を鍛える人のお菓子だから、ちゃんとダイエットに必要な栄養素が入っているんです。

もちろん、糖質量は少ないから、色々なプロテインバーを食べて痩せました。

編集部

糖質制限ではカロリー制限しないため、プロテインバーは理想的な食べ物だよ。
色々なプロテインバーを食べてわかった本音

  • 半端ない歯ごたえで、満足感がしっかり
  • プロテイン1/2杯のプロテインが食える
  • チョコバーみたいで普通に美味しい
  • 間食を増やすと、血糖値が安定して太らない。

様々な低糖質なプロテインバーを食べてきた中で、間食にオススメのプロテインバーは「1本満足バー プロテインチョコ」。

チョコバーのお菓子を食べる感覚で、プロテインを摂取できます。さくさくっとした食感で、クランチのお菓子を食べてみるみたい。
「プロテインバーとか関係なく食べたい」と思える位クオリティーが高いです。

一番美味いのが、コレ

また、プロテイバーの中で、一番糖質が低いのは「MUSASHI(ムサシ) ローカーボ プロテインバー」。

クソお世話になった、プロテイバーの1つです。

一番太らないのが、コレ

もっと色々、早く知りたい人はこちら

3食+間食をするのは「スナッキングダイエット」と呼ばれる食事方法。
間食には「血糖値が上がりにくく、体脂肪になりにくい」高タンパク質で低糖質な食べ物が好まれます。

中でも、プロテインバーはダイエットにピッタリな食べ物というわけですね。

低糖質なプロテインバー比較ランキング【美味しさ優先で徹底検証】

プロテインバーと一口で言っても、タンパク質の配合量が非常に多い海外製品・お菓子に近い食感のグラノーラタイプ・ダイエット向けの低糖質タイプなどたくさんの種類が販売されています。

今回はプロテインバーの中でも、糖質が少ない低糖質なプロテインバーをまとめました。
それでは、糖質が少ない順番で紹介しましょう。

比較ランキング1位:一本満足プロテインバー【糖質:11g/本】

カロリー:180kcal
タンパク質:15g
糖質:11g

一本満足プロテインバーは、ウィダーのプロテインバーよりもタンパク質の量が多くて優秀です。

しかも、カロリーはウィダーのプロテインバー以下なのに、タンパク質含有量は5g近くもアサヒのプロテインバーの方が多い!

つまり、一本満足プロテインバーは、ウイダーinバー ウエハースの完全上位互換感と言えますね。

食べると、完全にチョコバー。
こんな美味しいのに、タンパク質がたっぷりは神プロテインバーですね。

普通に、コンビニで購入できるので、手軽さも◎。

海外のプロテインバーは、1本につき20g以上タンパク質が含まれているものも多いですが、日本製ならば「一本満足プロテインバー」が良いですね。

比較ランキング2位:SIXPACKプロテインバー【糖質:7g/本】

エネルギー:173kcal
タンパク質:20g
糖質:7g

バズーカ岡田さん監修のUHA味覚糖のプロテインバーには、プロテイン1杯と同等量である、タンパク質:20g配合しつつ、糖質7gと凄く低い。

1本で1/3日分のたんぱく質が手軽においしく摂取できるの凄く助かります。

お菓子メーカーが作ってるから、味も美味。

>>>SIXPACKプロテインバーの口コミ・レビュー【UHA味覚糖】

SIXPACKプロテインバーの口コミ・レビュー【UHA味覚糖】

比較ランキング3位:ウイダーinバー 森永 inバー プロテイン ベイクドビター【糖質:5.9g/本】

エネルギー:155kcal
タンパク質:10.4g
糖質:5.9g

森永 inバー プロテイン ベイクドビターは手軽に購入できるプロテインバーの中で一番糖質が低い。

コンビニ、スーパーとかで売ってるので、どこでも購入できるのが嬉しい低糖質なプロテインバー。

味もしっかりとビターだから、食べ飽きないのも魅力。

毎朝、時間がないときは、コイツで腹を満たしてます。

>>>森永のプロテインバーの口コミ・レビュー【inバーを食べ比べてみた】

【森永inバープロテイン6種比較レビュー】10kg以上痩せた私のオススメは「ベイクドビター」

比較ランキング4位:MUSASHI(ムサシ) ローカーボ プロテインバー ミルクチョコレート味【糖質:1.3g/本】

カロリー:94kcal
タンパク質:9g
糖質:1.3g

ローカーボプロテインバーのミルクチョコレート味はオーストラリアで生まれた低糖質なプロテインバー。

糖質量が0.9gと脅威な低糖質が特徴です。
大きさが小さめに作られているので、ダイエット中の小腹が空いたときにぴったりな低糖質バーですね。

比較ランキング5位:DNSWoman ソイフィットプロテインバー チョコレート&ナッツ味【糖質:15.1g/本】

カロリー:140kcal
タンパク質:10.6g
糖質:15.1g

ナッツの歯ごたえがあり食べ応え抜群です。

ビタミン、鉄分、マグネシウム、カルシウムが豊富に含まれており、女性に嬉しい成分配合のプロテインバーとなっています。

比較ランキング6位:ウイダーinバー ウエハース【糖質:14g/本】

カロリー:194kcal
タンパク質:10.5g
糖質:14g

ウイダーinバー ウエハースは、お菓子メーカーの森永が作っているプロテインバー。

ウエハースタイプだからお菓子感覚で、プロテインを10gも補給できます。(プロテインの1杯の約1/2)

体内でタンパク質を合成するために必要な、ビタミンB群も入っています。
ウエハースの他にも、グラノーラ、チョコバーもあります。

比較ランキング7位:丸善 PROFIT SaSami (プロフィット) ささみプロテインバー【糖質:9g/本】

カロリー:136kcal
タンパク質:22g
糖質:9g

PROFIT SaSami (プロフィット) は、鶏のささみで作ったソーセージタイプのプロテインバーです。
たんぱく質の中には、コラーゲンも含まれていることから、女性にオススメできるプロテインバーです。

レモン味、ブラックペッパー味、プレーン味があるのですが、レモン味のソーセージといった感じです。

見た目は普通のソーセージなんですが、タンパク質含量が多いのが特徴。
ソーセージというより、肉を食ってるという感じ。

味はおいしいし、栄養面でも優秀なので、オススメ。
ドラッグストアで売ってるのを時々見かけますね。

比較ランキング8位:ソイピュアバー チーズ味【糖質:5.1g/本】

カロリー:134kcal
タンパク質:5.4g
糖質:5.1g

ソイズケアバーは、大豆の粉で作ったプロテインバーです。

大豆の特徴としては、不飽和脂肪酸であるα-リノレン酸が豊富に含まれており、体内でDHAやEPAに変換され「血液をサラサラ」にしてくれます。

さらに、大豆タンパク質は消化されにくいい性質を持つことから、腹持ちが良いのもGood

チョコ味、抹茶味、チーズ味がありますが、チーズ味がすごく人気で、カロリーメイトに近いお味をしています。

比較ランキング9位:MYPROTEIN(マイプロテイン) ミールリプレイスメントバー ソルティッドキャラメル味【糖質:23.7g/本】

カロリー:227kcal
タンパク質:20g
糖質:23.7g

MYPROTEIN(マイプロテイン) ミールリプレイスメントバー ソルティッドキャラメル味は、キャラメルで固めたプロテインバー。

高タンパク質なスニッカーズといったところでしょうか。

糖質は23.7gと多めですが、タンパク質だけでなく、マルチビタミン・ミネラルが強化されているため食事の置き換えで食べましょう。

プロテインバーの2倍ほども量・大きさなので満足感、腹持ちが非常に良く物足りなさを感じずにすみます。

表面を水飴のようなもので固めているのですが、冷凍庫とか冷やすと、ガチガチで歯が折れる位の硬さになります。

味は森永のキャラメルの味がして、甘いものが好きな人にとっては最強なおやつ。

甘みと塩味があるので、運動の後に食べたくなります。

比較ランキング10位:Premier Protein(プレミアプロテイン) チョコレートピーナッツバター味【糖質:25g/本】

カロリー:290kcal
タンパク質:30g
糖質:25g

たんぱく質の含有量は30gと豊富なプロテインバー。

上記で紹介した、MYPROTEINと同様にスニッカーズみたいなタイプです。
MYPROTEINと比較すると、タンパク質の含有量が多いのが特徴です。

市販のプロテインバーは値段が高いのとタンパク質の量が少ないから、コスパが悪いと思う人にオススメ。

Premier Protein(プレミアプロテイン)1本にはタンパク質30g配合だから、プロテイン1.5杯に相当するタンパク質が摂取できます。

しかも1本あたり165円で買えるコスパの良さ。

まとめ

低糖質でオススメなプロテインバーをご紹介しました。

ダイエット中に小腹が空いた時用に、仕事場のデスクに仕込んで欲しいプロテインバーでした。

ダイエット中に、プロテインバーを食べていい3つの理由

ダイエット中の間食にプロテインバーがオススメの理由は3つに集約されます。


理由1.プロテインバー=食べやすいお菓子タイプのプロテインだから

プロテインバー=食べやすいお菓子タイプのプロテインです。

プロテインバーはもともと、筋肉トレーニングをした後、手軽にたんぱく質を補給できるように開発されました。

そのため、プロテインバーは痩せるための栄養が豊富かつ、糖質が少なくヘルシーだから、ダイエット中に食べたい太らないお菓子。

  • 職場の小腹満たしで、残業太り対策
  • 時間のない朝に、時短の朝食に
  • 3時のオヤツに食べて、“夕食のドカ食い”対策

と、小腹満たしに最適なのが、プロテインバーです。


太らない理由2:プロテインバーは低糖質だから太らない

いくらプロテインバーがヘルシーと言っても、糖質制限ダイエット中に、プロテインバーって食べていいの?って気になりますよね。

結論から言うと、プロテインバーは糖質が非常に低いから大丈夫。

糖質制限ダイエットで食べて良い糖質量は、間食で10gが目安です。

市販のプロテインバーは1本あたり、糖質1.3〜25gと非常に幅があります。

  • 食事の置き換えに使用する場合は、糖質20g程度のプロテインバーまでOK。
  • 間食として食べる場合は、糖質10g以下のプロテインバーまでOK。

と言う基準でプロテインバーを選ぶと良いでしょう。


理由3.痩せるための栄養が豊富
プロテインバーには、プロテイン1/2杯程度のタンパク質、代謝に必要なビタミンB群、鉄分などのミネラルが入っているだけでなく、糖質が少ないお菓子

だから、プロテインバーは栄養リッチでかつ、太らない食べ物

編集部

見た目も味も、普通のお菓子みたいで、スゴく美味しい。

ほんと、ダイエット中のお菓子に最適だね。