500円でお得に試せる糖質対策【メタバリアEX】

手作りの自作サラダチキンの作り方【低糖質レシピ】

コンビニで売っている「サラダチキン」。

実は、自宅で簡単に作れます。

手作りで自作サラダチキンを作れば、節約になるだけでなく、パサつく食感の無いプリプリのサラダチキンが食べられます。

今回は自宅で簡単に作れるコスパ最強サラダチキンをご紹介します!

手作りの自作サラダチキンの材料

▶︎材料

  • 鶏ムネ肉:300g
  • 岩塩(クレイジーソルト・マジックソルトなども可):適量
  • 酢:少々

手作りの自作サラダチキンのレシピ

STEP.1
鶏ムネ肉を切る
鶏ムネ肉の皮を除いた後に、薄く切ります。
鶏肉は火が通っていないと、危険ですので、肉の厚みと火の通りには要注意。
STEP.2
鶏ムネ肉の下処理
切った鶏肉に、岩塩を揉み込みましょう。

クレイジーソルトで味付けするとめっちゃ、美味いです

クレイジーソルト 269g

クレイジーソルト 269g

910円(12/03 09:03時点)
Amazonの情報を掲載しています
STEP.3
袋詰め
ジップロックに肉を1枚づつ入れていきましょう。

空気をなるべく抜いて、真空状態を作るのがポイント。これを怠ると加熱ムラができてしまいます。

STEP.4
茹でる
鍋にお湯を沸騰させ、湯煎します。

STEP.5
完成
サラダチキンはゆっくりと火を通す事で、硬くならずにプリプリの食感に。
保湿性の高い鍋を使う事で、プリプリ食感になりやすいです。

▶︎7:熱いので、慎重に取り出しましょう。

▶︎8:政府は食中毒予防のため、最低でも75℃で1分以上の加熱を目安としています。切った断面を見て中まで火が通っていない場合は、再度湯煎して充分に加熱しましょう

保存の目安は?
冷蔵で約4日保存可能。冷凍室で約3週間保存が目安になります。

冷凍した場合の解凍方法は電子レンジの解凍モードで解凍がオススメです。

自作サラダチキンの口コミ

まとめ

汎用性が高くて、便利なサラダチキンの自作レシピを紹介しました。

そのまま食べても、スープ食べても、焼いて食べても、美味しいサラダチキンをぜひ作ってみて下さいね。

今回は茹でる方法を紹介しましたが、低温調理器を使うともっと簡単に作れます。

参考